【1890万件】札幌安い引越し業者【口コミランキング】/人気で安い料金のおすすめはドコ?

kobetete.png

札幌で小学校の転校手続きについて

2.png転居が決まったら、お子さんがいれば転校するための手続きが必要となることが多いですよね。

この手続きは、いろいろ走り回らなければいけない上に、書類が煩雑だったりと困惑することも多く出てくると思います。
急に決まった引越しだと、住所の詳細が分からないケースもありますが、ポイントをチェックしておけば円滑に転校手続きをとることが出来るでしょう。

こちらでは、子どもを過去に転校させたことがあるサイト管理人が、時系列順に手続きにまつわる重要ポイントをまとめていきます。
 

小学校の転校手続きQ&A

Q.プライベートな事情で転校先の住まいがまだ決まっていません。転校手続きは可能でしょうか。

A.転校にはやむを得ずすることもありますし、特別にOKが出るパターンもあります。例としては、家庭での暴力やストーカーの被害で家を出たいが、まだ確定した住所は決めかねている。特例に当てはまっているため、今すぐ相談に行きましょう。他にも、特認校と言われている小規模校も存在します。離れた住居からでも通える体制となっています。

Q.小学校の転校をするにあたって、新旧の学校や教育委員会に本人も連れていく方がいいですか?

A.通っていた学校は保護者が連絡を取り、関係書類の対応をしましょう。いつ頃、転校のことを児童たちに伝えるか等、先生と話し合いがされると思うので、逆に子供がいると相談しづらくなります。新しい学校では先生側も子ども側も、お互いがどんな人か見ておきたいでしょうから、一緒にいきましょう。ただ、子どものこと等話しておくことがあれば先生にお伺いし、事前にあいましょう。

札幌の教育委員会

住所:札幌市中央区北2条西2丁目15 STV北2条ビル
電話:011-211-2111(代表)
 

Q.公立小学校から私立の小学校へ転校可能ですか?

A.可能ですが、通常私学の方が学術の進捗がはやい事が多くなります。引っ越し後に全体的に学習状況の把握は必要です。


急な事情があると仕方ありませんが、特に市外への転校の際は、転校の手続きには何日もかかってしまう事が多いです。注意した方がいいのが共働きの家庭の場合、小学校・役所での手続きが休みの日にしかできないので、「続きはまた次の休みに」ということもあり、円滑に進まないケースもありがちです。

引っ越し日の7日前に転出届の提出を終え、引っ越し後は14日以内に転入届、同じタイミングで小学校の手続きも行わないとならないのです。

学校道具をチェックして買ったり、時間がいくらあっても足りなくなりがちですので、急ぐ場合、小学校の夏休みなどのタイミングで行うのがベストでしょうね。

夏や春、冬休みの間にゆったりと手続きを行いながらお子さんの様子をよくチェックし、ケア・フォローしていくことが大事だと思いますよ。
kobetete.png